横浜銀行でお金借りるとき会社電話連絡なしでキャッシングできる?在籍確認の電話なしカードローン

横浜銀行でお金借りるとき会社電話連絡なしでキャッシングできる?在籍確認の電話なしカードローン

横浜銀行でお金借りるとき会社電話連絡なしでキャッシングできる?在籍確認の電話なしカードローン

 

横浜銀行カードローンを利用してお金を借りようと思った場合には、ほかの消費者金融や銀行のキャッシングやカードローンなどと同じように、審査を行う過程で電話連絡による在籍確認が行われます。この電話による在籍確認は、必ず行われるものであり絶対に避けることはできません。勤務先への電話連絡がさけることができないのであれば、在籍確認がいつどのように行われるのかを知っておくことが重要です。

 

そもそもなぜ職場に電話をかけて在籍確認を行うのかというと、それは返済能力が本当にあるかどうかを判断するためです。横浜銀行側としてはお金を貸したけれども、返してくれないという事態は絶対に避けたいものです。そのためお金を貸すかどうかを判断するために、申込者がしっかりと収入を得ているのかどうか、そしてその収入の中から返済に充てられるのかを調べる必要があります。

 

信用度の低い人に対しては融資を行うわけにはいかないということです。さらには横浜銀行カードローンに申し込みを行う場合には、氏名や年齢、生年月日などの情報だけではなく、勤務先やそのほかにどれだけ借り入れを行っているのかなどの、様々な情報を申告することになります。

 

これらは自己申告になるため、横浜銀行側としては虚偽の記載がなされていないかどうか、入力ミスはないかどうかなどの問題を防ぐために、電話連絡によって在籍確認を行うのです。

 

横浜銀行カードローンを利用するに当たり在籍確認を行うことになりますが、この電話連絡は横浜銀行が行うわけではありません。在籍確認を行うのは保証会社であり、横浜銀行の保証会社はSMBCコンシューマンファイナンス会社です。この会社はカードローンの審査を請け負っている会社で、審査内容に在籍確認が含まれることから、勤務先にはSMBCコンシューマンファイナンスから電話がかかってくることとなります。

 

実際に在籍確認が行われるタイミングとしては、審査の終盤で行われます。本当に申し込み資格を満たしているかどうかを判断し、その最終段階となるでしょう。

 

つまり在籍確認の電話連絡が来たということは、ほぼ審査に通過する可能性が高いということになります。審査がスムーズに進んだ場合には、在籍確認は申し込みの当日、もしくは翌営業日に行われます。これは担当者の状況によっても異なるため、だいたいの目安と考えておくとよいでしょう。土日や祝日を除いて、申込日から三日目以降に電話連絡が来ることはほぼないので覚えておきましょう。

 

在籍確認の電話連絡を避けることができないとはいえ、電話が来ることに対し不安や心配がある人も多いことでしょう。このような場合には事前に担当者に相談しておくこともできます。担当者が許可を得たうえで電話連絡行うことになるため、そのタイミングで相談してみると良いでしょう。

 

時間の指定をして電話をしてもらうことはできませんが、例えば午前中は会社に誰もいないので午後に電話をかけてほしいなどの要望に対しては、対応してもらえる可能性もあります。

 

しかし理由もな時を変更することはできないため注意が必要です。また在籍確認の電話連絡が行われるのは初回契約時のみとなっています。例えば利用限度額の増額を求める場合には再度審査が行われることになりますが、この時に在籍確認が行われることはありません。

 

しかし転職によって前回契約した時と勤務先が異なる場合や、別の商品やサービスに申し込みを行う、一度解約して再度申し込むような場合には、再び在籍確認の電話連絡が行われることになるため注意しましょう。

 

在籍確認の電話連絡が職場にかかってきた場合には、周りの人にキャッシングを利用している事実がばれてしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。しかし横浜銀行カードローンの在籍確認は、個人のプライバシーに配慮されているので安心できます。

 

担当者は非通知で電話をかけ、担当者の個人名で電話をかけることになります。銀行名を出したり、キャッシングの電話であることがばれるような言葉は一切出ないので安心です。

 

非通知で電話をかける理由としては、折り返しや電話番号検索の問題を回避するためです。しかし場合によっては職場の電話が非通知拒否に設定していることもあるので、その場合には担当者が番号を通知して電話をかけることになるため頭に入れておきましょう。担当者の個人名で電話をかけてくるので、勤務先の上司や同僚などにキャッシングの利用がばれてしまう危険性は少ないといえます。

 

電話の内容としては、万が一電話に出たのが申込者以外だった場合には、外出している、席を外しているなどの答えであったとしても、それで在籍確認が完了します。雇用形態がアルバイトの場合には、バイト先の電話番号を申告し、派遣社員の場合には原則として派遣先の電話番号を申告しておきましょう。専業主婦の場合には在籍確認もなく、配偶者の職場に電話連絡がいくこともありません。年金受給者も同じように在籍確認はないでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ